カート
  • ホーム
  • ドリップダラーの使用方法

ドリップダラーの使用方法

〜松屋式〜


※ドリップダラーを使用して松屋式にて簡単にコーヒーを淹れる方法を解説します。
 

−ドリップダラーを使用した松屋式の淹れ方−

円すいフィルターのフチの部分を折って、金枠に
セットします。

挽いたコーヒー粉を人数分入れセットします。

スプーンなどで中心から掘り、フィルターにそって粉の厚さを均一にします。
お湯を均等に染み渡らせるためです。
ドリップダラーに沸かしたお湯を入れておいてください。
※お湯を入れたあと、上の蓋をしっかり閉めずに軽く蓋を当てるぐらいにしておいてください。
(お湯を粉に注ぐときにここがしっかり閉まっていると、上手に注ぎ口からお湯が出ません。)

フィルターよりある程度の高さから沸騰したお湯をゆっくり中心に注ぎます。その後、円を描くように注いで、粉全体にお湯を注いでいきます。
※ドリップダラーはどんな角度で注いでも、同じ量のお湯しか出ませんので本当に楽ちんです。

下に少しコーヒーが抽出されたら蓋をして約3分蒸らします。

 

蒸らしが終了しました。蓋を取り、改めて残りのお湯を注いでいきます。
再び全体に円を描くように注ぎます。
粉が浮き上がらない状態を保つよう注意してください。
(粉がお湯に浸されてしまうと理想の温度を超えてアクや雑味が出てしまいます。)

フィルターの中で粉が浮き上がりそうになったら一度、湯を注ぐのをやめ、フィルター内のコーヒーがある程度下に抜けるのを待ってから再度お湯を注ぎます。

コーヒーがサーバーに人数分の※約半分程度出たら注ぐのをストップします。
(この時点でコーヒーの美味しい部分はすでに抽出されており、最後までお湯をかけてしまうと雑味が出てしまうためです。)

サーバーに直接残りのお湯を注ぎます。
この時、お好みの濃さに調節が可能です。

湯を足したので撹拌して濃さを均一にします。

コーヒーカップに入れるとこんな感じです。
美味しいコーヒーをお召し上がりください。